スターターデッキ卒業へ【三国志大戦初心者講座】

2017年4月4日

引いたカードはとりあえず使ってみたくなりますよね。
どんなカードを引けるかは人それぞれなので、今回は具体的な例は挙げず、大まかな方針だけ説明します。

ひとまず、以下の点に注意しながらデッキをアレンジしていきましょう。

勢力は単一か二勢力まで

三勢力以上になると最大士気が6しか無いのでデメリットが大きく戦いづらいです。

 

槍兵は1枚は入れる

また、相手騎兵への対策に槍兵は1枚は欲しいところ。
騎兵と槍兵だけの編成は操作もシンプルでオススメです。

 

武力8以上を最低1人は入れる

高武力の武将がいると、ぶつかり合いでの安定感が出ます。
号令でさらに武力を上げて戦うとよいでしょう。

 

とりあえず号令を入れておく(ひとまずは指揮でもOK)

スターターデッキは基本が身につく!」の記事でも説明した、基礎を学ぶことを継続するために号令は欲しいところ。
点でなく面で攻める、という事も可能になります。

 

可能ならば士気5~6の単体強化も入れる(なければ妨害かダメージ計略でもOK)

士気5~6を使用する単体強化は武力上昇が高めだったり、何かしらの付加効果がついていて殲滅力が高いものが多いです。
号令が使えない時の選択肢にもよし、号令と合わせて使って敵部隊を一掃するもよし、と活躍の場は多いため、デッキに入れておくと非常に役立ちます。

 

以上、スターターデッキからアレンジしていく場合の抑えておきたいポイントを挙げてみました。
ちなみに号令をオススメする理由ですが…
号令が入ったデッキは一番基本的なデッキであり、安定した人気もあります。
つまり敵としてもよく登場します。
「号令デッキで基本を身につけると同時に、号令の弱点も知ってほしい」という思いがあるからです。
(後日、号令の長所と短所をまとめた記事を書こうと思います)

ですが、なにより大事なのはモチベーションだと思います。
ゲームなので何よりも楽しむことが大事です。
他に使いたい武将がいる場合や、号令の戦い方は自分には合わない、とにかく色々やってみたい、という場合は気にせず使いたいものを使いましょう!

NEXT
スターターデッキの内容が変更に【三国志大戦初心者講座】
PREV
実は弓兵が一番難しい?【三国志大戦初心者講座】

-三国志大戦

writer:enjoy-games


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    記事についての疑問・質問がありましたらお気軽にご連絡ください。
    また、記載している情報に誤りがありましたらご連絡いただけると助かります。