デッキの組み方・基礎の基礎【三国志大戦初心者講座】

2017年3月9日

スターターデッキのカードって強いの?

(2017/03/21 内容を修正しました)
武力が高いので始めのうちは頼りになる存在です。
ですがメインでずっと使い続けるには物足りない性能であるのも事実です。

はっきり言ってしまうと「弱い」のですが、始めたばかりのうちは基礎を身につけるためにうってつけの性能になっています。

特に計略「指揮」。
これは「範囲内の味方の武力が上がる」という効果です。
この計略を効果的に使用する際の「味方部隊の足並みを揃えて戦う」という行動に、三国志大戦の基礎が詰まっています。
ですので、最初のうちは「部隊を揃えて指揮を使う」ことを意識すると良いと思います。

「味方部隊の足並みを揃えて戦う」という事を身に着けながら、入手したカードを入れ替えていくのが良いと思います。
カードを入れ替える際は、下記の内容に注意しましょう。

デッキの組み方・基礎の基礎

・コスト
8コストまでなら自由に組むことができます。
8コスト未満でもOKです。

・勢力(国)
勢力を統一すると最大士気が12
2勢力で組むと最大士気が9
3勢力以上だと最大士気6

最大士気が多いということは、複数の計略を続けて使用できる(コンボ)等、メリットは多大です。
ただし2勢力で組まれたデッキも人気があります。その場合はデッキコンセプトがしっかり練られている事が多いです。
3勢力以上のデッキは、何かに特化したデッキを作る時以外は採用することはないでしょう。最大士気6というデメリットが大きいため通常の使用には向きません。

味方に使用する計略の中には、対象となる勢力が限定されているものがあるので注意しましょう。

NEXT
兵種【三国志大戦初心者講座】
PREV
カードを間違えないようにする【三国志大戦初心者講座】

-三国志大戦


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

記事についての疑問・質問がありましたらお気軽にご連絡ください。
また、記載している情報に誤りがありましたらご連絡いただけると助かります。