性格別おすすめデッキ診断

2017年5月22日

あなたにピッタリのデッキがわかる診断テストを用意しました!
※話のネタ程度にお考えください。

 
診断の最後に表示されたアルファベットを選択してください。

 

 

 

A…王道はいつも強い!「英傑号令」

どっしり構えて王道をゆくアナタには「英傑号令」がオススメ!
ここでは「覇者の求心」、「劉備の大徳」、「若き王の手腕」の3つを英傑号令の代表として紹介。
基本となる号令なので計略を調整されることが少なく、バージョンアップで使用感が大幅に変わってしまうといった事が無い。パーツを組み替えることでどんな環境でも生き残る力があるぞ。
ただしバランスの良さが武器であるため、「武力や戦術のゴリ押しで勝つ」といった勝ち方は難しい。しかし極端に不利な相性の敵も少ないので、安定した戦績を残すことができるはずだ。

 

B…気分は強豪スポーツチーム!「グッドスタッフ」

基本的に真面目、だけど周囲の流れに乗る柔軟さを持ち合わせたアナタには「グッドスタッフ」デッキがオススメ!
その時に強いカード、また流行への対策が取れるカードを敏感に察知し、それらを詰め込んだデッキで戦おう!
人気があるのは4~5枚構成。趙雲、トウ頓、関興、孫策、太史慈など、スペックも良く計略の使い勝手も良いタイプのカードを2~3枚入れて、後は妨害や伝授系の計略を少々。自分なりのベストバランスを探っていこう!

 

C…手数と引き出しの多さで勝負!「ワラ/がもちょ」

臨機応変、全員の力で勝利をつかむぞ!というチームワーク精神に溢れるアナタには6~8枚で構成された「ワラ/がもちょ」デッキがオススメ!
人気の主軸カードは、孫策、太史慈、関興、トウ頓など、士気5で殲滅力の高い計略を持つ2コス武力8の武将。その他1.5コスに蒋欽、王桃、左慈など。
蜀を入れる場合、「落雷」・「連環の計」・「挑発」から2~3個チョイスするのが人気。
試合中は相手や状況に応じた対応を取る必要があり、テクニカルなデッキと言える。
しかし逆に、デッキビルドの自由さや立ち回りの柔軟性はトップクラスだ。

 

D…圧倒的なパワーで敵を粉砕!「ワントップ」

我こそ最強!と疑わないアナタには「ワントップ」がオススメ!
代表が「呂布ワラ」デッキ。呂布の超武力で全てをなぎ倒す究極にシンプルなデッキだ。一度でも「天下無双・飛」の破壊力を味わったら病みつきになるはず。
低知力であるがゆえに弱点は多いものの、場を整えさえすれば怖いもの無し。
苦手な相手が出てきた場合にどう立ち回り、どう呂布を活躍させるかが腕の見せ所となる。

 

E…勝ち負けは二の次!「ロマン型」

楽しむことを重視し、自分だけでなく見る者も楽しませるエンターテイナー性たっぷりなアナタには「ロマン型」デッキがオススメ!
攻城兵もりだくさん、全武将が伏兵、「無血開城」に全振りしたデッキ、一見では狙いが分からないようなデッキなど…、その他まだ世に知られていない独特なデッキで世間の注目を浴びよう!
誰も使わないデッキや戦術を採ることで、いわゆる「わからん殺し」も可能だ。

 

F…全てはこの時のために!「コンボデッキ」

何事も計画をきちんと立てるアナタには「コンボデッキ」がオススメ!
知力を大幅上昇させてからの「呉下の阿蒙」、「巧遲の乱撃」に「麻痺矢の伝授」を重ねる、「猛虎蹴撃」に「車輪の伝授」を重ねる等、一つの計略をメインウェポンとし、それを別の計略や宝具で超強化するのが目的。
相手に戦術がバレバレなこと、士気を大量に使うコンボが多いこと等から、コンボを発動させるまでが難しい。しかし綿密に練った戦略が決まった時の爽快感や破壊力は、他では味わえないものがある。

 

G…人間観察!「妨害・ダメ計メイン」

観察力に優れたアナタには「妨害・ダメ計メイン」のデッキがオススメ!
人の反応を観察し、自分が取るべき行動を判断できるので、相手を誘い込んだりするのも得意なはず。
赤壁の大火や連環の計などは効果も絶大なため、チラつかせるだけで相手は警戒して動きが鈍くなる。こういった心理的な駆け引きも武器にして勝ちを目指すと良い。

また、妨害計略をメインとするわけでは無いが、ラインの駆け引きが重要な麻痺矢デッキもある意味では含まれる。

 

H…静かに自己主張!「敵城崩壊・征圧関連計略メイン」デッキ

自分のペースを守りたいアナタには「敵城崩壊・征圧関連計略メイン」のデッキがオススメ!
大きく分けると、直接攻城することを狙うデッキ(流星の儀式、傾国の舞い)と、征圧戦を有利に運び内乱でリードを取るデッキ(錯乱の舞い、魅惑の笑顔)がある。
どちらにも共通して言えるのが「相手に対応を強制させる」こと。特殊なデッキであるため、相手から見ると普段どおりに戦っていては勝つのは難しい。
つまり使う側としては、自分のペースでじっくり戦うことができる。基本的に守り重視で戦うので柵を多めにし、相手の攻めに対抗できる計略を用意しよう。

 

I…パワーこそ正義!「開幕乙/暴虐」

細かいことはどうでもいい!試合開始と同時にガンガン攻めたい!というアナタには「開幕乙」がオススメ!
開幕から士気も宝具もガンガン使用!リードも主導権も握り、あわよくば開幕落城だ!
デッキの例としては2つ。
1.暴虐デッキ…「暴虐なる覇道」をメインとしたデッキ。攻城兵のC区星を入れることで開幕落城も夢ではない。
2.ワラ系…コスト比武力が高い武将をメインに6枚ほどで組むタイプ。こちらは開幕で落城できることは多くはないので、中盤以降はどんどん場を荒らしていこう。攻めて攻めて攻めまくれ!

 

J…士気を有効活用!「舞・長時間計略」

人とは違うことがしたいと思う気持ちと、ちょっとしたことでお得感を味わいたい気持ちが同居するアナタには「舞・長時間計略」がオススメ!
これらの計略は瞬発力は無いものの、計画的に使えば士気効率がとても良い!
「回復の舞い」や「悲哀の舞い」、「飛天の舞い」で高いラインをキープし続けたり、「魏武の継承者」で長時間の武力UPをして戦場全体で有利を取っていこう!

PREV
なぜ号令デッキを勧めるか【三国志大戦初心者講座】

-三国志大戦


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

記事についての疑問・質問がありましたらお気軽にご連絡ください。
また、記載している情報に誤りがありましたらご連絡いただけると助かります。