意図しないカード操作を防ぐ【三国志大戦初心者講座】

2017年2月21日

カードが重なって読み取られない

物理的に防ぐにはトップローダーを使用するのをオススメします。

 

攻城中のカードが移動してしまい攻城が遅れた、攻城ゾーンから出てしまった

この場所から動かず攻城するんだ、というカードは盤面から一時的に取り除いておきましょう。
取り除いたカードは再び盤面に戻すまで、ゲーム内では最後にいた場所に存在し続けます。

 

ほんの少し触れただけでカードがくるっと回ってしまう

カードを下に反らせる(カードの左右両端が盤面に触れる)ように軽く曲げてクセをつけましょう。
カードが上に反っている(中心だけが盤面に触れる)状態だと、中心を軸にカードが回ってしまいます。
特に気をつけたいのが弓兵。回って移動したと認識されると、射撃が止まってしまったり弓サーチが変わったりしてしまいます。
スリーブやトップローダーを使用することでも防げます。

 

袖口がカードに当たって勝手に動いた

半袖でプレイしましょう。

 

友人や他人に勝手に操作された

操作しないでほしい旨をきっちり伝えましょう。
「教えてあげている。勝たせてあげている」と勘違いしたリアル軍師様がたまに存在します。
これを許したままにすると、その後ちょくちょく手が伸びてきて、ひどい場合にはほとんど操作されてしまうこともあります。
「ノー」を言うことは勇気がいりますが、なるべく早目に伝えるようにしましょう。

NEXT
カードを間違えないようにする【三国志大戦初心者講座】
PREV
カードを操作しやすくする方法【三国志大戦初心者講座】

-三国志大戦


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

記事についての疑問・質問がありましたらお気軽にご連絡ください。
また、記載している情報に誤りがありましたらご連絡いただけると助かります。