スターターデッキの内容が変更に【三国志大戦初心者講座】

2017年4月11日

4/13(木)のバージョンアップでスターターデッキの内容が変更になります。

1. スターターで計略:指揮を持っていた武将の能力変更

曹操、劉備、孫堅の3人が、SRと同じ能力・計略になります。

注意点

■計略が勢力限定
曹操「覇者の求心」は魏限定、劉備「劉備の大徳」は蜀限定、孫堅「天啓の幻」は呉限定です。

■天啓の幻だけ運用が違う
「覇者の求心」と「劉備の大徳」は、士気6で範囲内の味方の武力を上げる(+5)という基本的な号令です。
しかし「天啓の幻」だけは特殊で、士気7で範囲内の味方の武力を上げる(+11)が、征圧力が下がり、効果終了時に撤退する、という号令です。
武力+11と超強力ですが、効果が終わると撤退するというハイリスクハイリターンな計略のため、慣れないうちは使い所が難しいと思います。
孫堅を使用する際はひとまず以下のことに気をつけてみてください。
・宝具は再起を選択
・攻城時に天啓を打つのが効果的だが、そこに辿り着くまでの別計略を用意
・守りで天啓を打つのは残り数カウントの最終盤のみに

 

2. スターターとして排出される武将カードが変更

これまでのスターター用カードは能力が抑えめに設定されていましたが、通常排出されているカードに変更になるため、カードの能力・計略がまともになります。
しかもレアカードも1枚ついてくる!お得!
4/13以前にプレイを始めているプレイヤーにも、レアカードが1枚もらえるキャンペーンが始まるようです。
稼働日以降に公式サイトをチェック!

 

3. まとめ

旧スターターではスターター専用の能力設定がされていたため、どの勢力でも同じような能力でした。
しかし今回からは既存のカードがもらえるため、各勢力で違う能力となります。
特に計略がまったく違うため、使用感も違うでしょう。

また、スターターでもらえる3枚の総コストが6.5となったため、1.5コストの空きができます。
引いたカードを組み込みやすくなったのは大きいと思います(勢力には注意しましょう)。

 

4. どの勢力がオススメ?

それぞれ魅力があってどれもアリです!
…ですがそれでは投げっぱなしすぎるので少し解説。
■魏
・スターターの中で総武力が一番高い
・「覇者の求心」以外の計略が、柔軟性に欠ける
→素武力でじわじわ攻め上がって「覇者の求心」で攻城を狙おう!
「刹那の怪力」は基本的に使用しなくてもOK。
「鉄壁の守護神」は士気に余裕があれば攻城時に「覇者の求心」と合わせて使ってみよう。単独で城門を守るのにも向いている。

■蜀
・陳到の「不撓不屈」で粘り強く戦うのが、はじめのうちはシンプルかつ強い
・スターターの中で総武力はやや低め
→「不撓不屈」で前線をキープして、相手の足並みを崩そう!
全員攻め上がったら「劉備の大徳」で攻城を狙おう!
「零距離戦法」は士気に余裕があれば攻城時に「劉備の大徳」と合わせて使ってみよう。単独で城門を守るのにも向いている。

■呉
・甘寧と朱然の計略を使い分けることで柔軟な対応が可能
・「天啓の幻」はハマれば強いが使い所が難しい
→「残響の鈴音」で攻め上がって「天啓の幻」で攻城をガッツリ取ろう!
「残響の鈴音」は単独で城門を守りたい場合にも使える。
守りでは「火計」も有効!敵の知力や兵力がどれくらいなら撃破できるか徐々に慣れよう!

以上、ざっくりと各勢力の新スターターの所感を書いてみました。
(なぜか攻略本のような文章になってしまいました)
戦術的に合いそうなものを選んでみてください!

NEXT
なぜ号令デッキを勧めるか【三国志大戦初心者講座】
PREV
スターターデッキ卒業へ【三国志大戦初心者講座】

-三国志大戦


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

記事についての疑問・質問がありましたらお気軽にご連絡ください。
また、記載している情報に誤りがありましたらご連絡いただけると助かります。