レーン選択の基本 その2【wlw初~中級者講座】

2018年5月9日

最初に「レーン選択の基本」を読むことをおすすめします。
レーン選択の「基本」ですので、キャスト相性やチーム構成などによって別の手段が良い場合があります。

「レーン選択の基本」を踏まえた上での、初級者~中級者向けの内容です。

マッチング画面(対戦者紹介画面)で確認できることが色々ありますが、情報量が多いので、最初はまず自分のチームの各ロールの人数を確認しましょう。
「チーム内にファイターは何人か? 自分と同じロールは何人か?」といった感じで確認し、どのレーンに行くべきかの判断材料にできます。
ロール種別はキャストの顔の横にアイコンで表示されています。

本記事内では、ファイターを「F」、アタッカーを「A」、サポーターを「S」と表記することがあります。
またチーム編成の説明に「FFAS編成」など、各ロールの人数を表記することがあります。この例はファイター2人、アタッカー1人、サポーター1人です。

 

自分がファイターの場合

■ファイターが1人
刹那門レーンを担当します。兵士処理の必要性が高いためです。
詳細は基本その1参照。



■ファイターが2人

プレイヤーNo.の若い(=上手い)Fが刹那門レーンを担当します。
もう1人のFが悠久門レーンを担当します。
刹那門レーンのほうが重要度が高いためです。



■ファイターが3人

この場合はランクよりも、中央に適したキャストかどうかで決めます。
基本的にはアイアン・フック、メロウ、ツクヨミ等の遠距離タイプがおすすめです。
これらのキャストがいない、または複数いる場合は、チャットで相談しましょう。



■ファイターが4人

滅多に無い編成ですが、1人は遠距離型、もう1人は近距離戦ができるタイプで組むと良いでしょう。

 

自分がアタッカーの場合

■アタッカーが1人
中央を担当します。理由は基本その1参照。



■アタッカーが2人

・FFAA編成
Aは2人とも中央を担当します。Fが2人以上いる場合は、Aは基本中央です。

・FAAS、AASS編成
ASが中央、残りのAが端レーン(悠久門)担当です。※



■アタッカーが3人以上

・FAAA
A2人が中央、残りのAが端レーン(悠久門)担当です。※

・AAAS
ASが中央、A2人がそれぞれ端レーン担当です。※

・AAAA

※実際に誰が中央に行くか、端に行くかのセオリーを次記事で説明しています

 

自分がサポーターの場合

■サポーターが1人
基本的には中央担当です。


 
■サポーターが2人
・FFSS編成
Sは2人とも中央を担当します。

・FASS編成
ASが中央、残りのSが端レーン(悠久門)担当です。※

・AASS編成
中央はASで、残りのSが端レーン(刹那門)担当です。※


 
■サポーターが3人以上
・FSSS
S2人が中央、残りのSが端レーン(悠久門)担当です。※

・ASSS
ASは中央、1人が端レーン担当です。
もう一方の端レーンはSの1人が担当します。
悠久門と刹那門どちらを担当するかはチャットで相談しましょう。

・SSSS

※実際に誰が中央に行くか、端に行くかのセオリーを次記事で説明しています

NEXT
レーン選択、誰が中央を担当するか【wlw中級者講座】
PREV
レーン選択の基本 - ver.3対応【wlw初心者講座】

-ワンダーランドウォーズ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation

name : enjoy-gamer

ゲームが大好きな30代男性。
コンシューマとアーケードゲームをメインに、幅広いジャンルをプレイします。腕前はいたって普通。

お問い合わせ

記事についての疑問・質問がありましたらお気軽にご連絡ください。
また、記載している情報に誤りがありましたらご連絡いただけると助かります。